2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



自分は007シリーズのコアなファンではない。しかし、ダニエル・クレイグのボンドは好きだ。

 昨日今日、なーんだか何もやる気が起きなくてダラダラと映画を見ていた。そして007シリーズ、6代目ジェームズ・ボンドの映画を二日間でコンプリート。暇人か? 暇人だよ。

 前々からダニエル・クレイグのだけは全部見たいと思ってたんだ。それ以前のジェームズ・ボンドはどれも興味がないんだけど(そもそも初代のショーン・コネリーしか、他のボンド俳優は知らない。ショーン・コネリーは好きだけれど、彼が演じたボンドにはさほど興味がない。胸毛モジャァのイメージが強すぎて……)、ダニエル・クレイグのボンドだけは観たかった。だって、カッコいいじゃん?(殴) 寡黙でタフガイな感じが、ね。最高に渋い。飽きない。

 カジノロワイヤル → 慰めの報酬 → (スカイフォールだけは観たことがあったので割愛) → スペクター と順番に観て、もう大満足。ジェームズさん建物を車を飛行機を破壊しまくりで、容赦なく人間を殺しまくりで、出てくる女の人たちとは悉く寝てるし、ほぼみんな死んでるし。ヴェスパーは魔性の女すぎる、死んでも魔性とかヤバい。マティスのおっさんも渋かっこいい。Qちゃん可愛い。イヴさんフィリックスさん超カッコいい。ジュディ・デンチのMさんも最高なのだけれども、ヴォルデモート レイフ・ファインズのMもまた別の魅力があって。あー、長年の願望が叶ってスッキリしたー。

 「カジノロワイヤル」と「慰めの報酬」はあからさまに続いている連作だけれども、「スカイフォール」は一本で完結していた話じゃないですか。だから「スペクター」も一本で完結するやつなのかな?って思ったら。残念。「正解は、全部連作でした~」ってオチだった。前3作あっての、完結編「スペクター」。撒き散らした伏線をすべて、スペクターで総回収。シリーズぶっ続けで観て大正解だった。こりゃ、単体で観たら楽しめない/のめりこめない映画シリーズだわ(それでも、基本的には単体で観ても十分面白い映画だと思う; 連作続編である「慰めの報酬」を除いて。しかし全てを通して観たほうが、「スペクター」のクライマックスシーンにおいて感動が大きいだろうなぁと思う。全てを順々に追って観ることを激しくお勧めしたい)

 もう満足です。ハイ。というわけで執筆作業に戻ります。



2018/05/22 追記

 スペクターが完結編だと思ってたよ。ダニエル・クレイグはもう降板で決定だと思ってたよ。

 うそだろ。また登板するとか、マジかよ。

 「ダニエル・クレイグのボンドがもっと見れる~!」と嬉しい判明、「いや、もうスペクターで止めとこうよ。綺麗に終わってるじゃん。無理に続けないでよ、あの綺麗なラストを壊さないでくれ!!」とも思うのだ。無論、後者のほうが自分の中では強い。

 まあ、ね。間違いなく、上映されたら観に行くだろうけど。でも、期待値はゼロやで。うん。