2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

威圧感の強い黒スーツ」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプです。
使いどころのないセリフのオンパレードですが、よしなに~。



Aさんから見た世界が、Bさんにとっても同じ景色に見えているとは限らない。

 ウォータ・アンダー・ザ・ブリッジも、今までの絶不調がまるですべて嘘だったみたいなペースで、現在書き進めている。どれぐらいのペースかというと、6日で3万字オーバーを書き上げるスピード。そういうわけで、10万字超えたんですよ。 

 なんで、ここまで好調になったのか? それは「翠玉のフォノグラフ」を書いていた2年前からずっと、書きたくて書きたくて仕方なかった物語を開始させられたから。これに尽きる。まさしく「Strikes」。





 じゃあ、もう後半戦ラストスパートかぁ……と思いきや。どうなるんだろう、そこが自分でも最早分からない。もしかしたら後半戦ラストスパートなのではなく、ここが折り返し地点なのかも……。そうなったら20万字近くになるな、文章量が。それは、長すぎる気が……。

https://isuzuakatsukiposttruth.tumblr.com/post/172105343255/落書きウォータアンダーザブリッジよりようやっと2年前からずーーーーーっと書きたかった物

 そんで現在予告だけして連載は開始していない「異説:オラクル」。


https://isuzuakatsukiposttruth.tumblr.com/post/172102980755/オラクル

 登場人物も、だいたいの物語の路線も決まってるし、いつでも書く態勢に入れるんですけどね。それよりも最優先にすべき事項がある。エールケディスの旅人だ。そろそろ着手しないとね……( ^ω^)



 以下、映画と洋画の話。

 録画してた「キング・オブ・エジプト(Gods of Egypt)」、クソだというのを承知でみた。結論を言おう。5分も耐え切れずにリタイアした。無理だった、あの映画。見てられんかった。

 開始2分で、もうツッコミどころ満載。エジプトのくせに、全然エジプトじゃない

 俳優とか白すぎだし。
 背景がローマなのかギリシャなのかオスマンなのか……時代考証めちゃくちゃで、そこからして既に頭が悪い映画。
 エジプトを舞台にした映画じゃなくて、異世界を舞台にしたファンタジー映画だと思って見たとしても、やっぱり頭悪いと思う。
 さらに始まってすぐに、さっそくエジプト神話を穢す。オシリスが生きている世界に、成長したでっかいホルスがいるのはおかしい。
 そもそも、なんで神々が人の姿してんの??

 ……そこで、もう、自分は無理だった。

 お風呂っぽいものに使ってる真っ白なお肌のホルスさんが登場した瞬間、もうリタイアしました。だからそれ以上先がどうだったかなんて知らん。でも、きっとクソなことは間違いないだろう。


 それから「BONES」の最終シーズンも全話観た。長いこと続いてたドラマだったし、途中に中弛みもあったけど、綺麗に終わったねぇ……って感じだった。

 11話にはツッコミどころがあったけどね。タロットカードの死神はそこまで悪い意味じゃないんで、あれほどの悲劇を持ってくるなら塔のほうが説得力があった気もするけど……――まあ、全てが無事解決して、新しいスタートがこれから始まるんだ!みたいな終わり方をしてたんで、死神でも良かったのかしら。しかしアバロンという女性が胡散臭いことは間違いない。

 そして、総括するなら。オーブリーとカレンの二人は可愛い。これに尽きる。あのコンビは最強だ。最強に、可愛い。