2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

威圧感の強い黒スーツ」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプです。
使いどころのないセリフのオンパレードですが、よしなに~。



花粉症と奇妙な耳鳴りたちとアレックス・パリッシュ。

 世間は「春」って感じになってきた。桜が咲いて、風も強くて、花粉も飛んでて、じきに大陸から黄砂も……──実に嫌な季節である。

 桜って、一度も綺麗だと思ったことはない。ソメイヨシノって、近距離で見ると全ッ然綺麗じゃない。白くて、貧相で、地面にはチビさくらんぼ&花が大量に落ちていて、ぐじゃぐじゃに踏み潰されて……。花見のどんちゃん騒ぎ宴会とかも、さっぱり理解できん。何が良いんですか、あんなの。

 それに春に外に出ても、ろくなことはない。まず花粉症。それと暑いと思ったらすぐ寒くなる天気。風も強い。良いところなど何もない。胃痛と下痢が続く最も嫌いな季節だ。

 冬がいいよ。適度に寒くて、じめじめしてなくて、からっと乾いてて、夜空も綺麗に見えるし。あー、また今年も冬が去っていく~(´д`|||)



 そんなこんな、クワンティコのシーズン2全話を昨日今日で一気に見た。いやー……お腹いっぱい。続きの話は見たくない。シーズン3なんてやらなくていいよ、ここで綺麗に終わろうよ……。

 シーズン2前半は、まあシーズン1と似たようなノリ。テロ事件が起きて、パニックが起きて、英雄アレックス・パリッシュが大活躍!……ってなわけである。

 しかしシーズン2後半は、なんだか「あれれっ、これクワンティコだよね??」っていう違和感が多少ある。クワンティコっていうより、リブート版マクガイバーをダークサイドに少し引き込んだような雰囲気に。


 ……というか、正直に言うと、もう内容がグダグダである。そう意味も含めて、もうシーズン3なんて作らなくていい。本当に。


 ネタバレは、したくないんで。内容は大幅にはしょるけど、違和感を幾つか箇条書きで挙げるとすると……


  • で。リディアのボスは、厳密には誰だったんだ?(重要)
  • なんだかんだで、ウィルが一番外道な気が……。
  • シーズン1で散々扱き下ろしたクレアを、シーズン2で美化しすぎ。
  • レオン!! お前が一番謎だし、脚本家に存在を忘れられ過ぎだ!
  • ニマ/レイナ姉妹はどうやって釈放してもらったんだ?
  • 最後の最後にキーズさんが行方不明。彼は何処へ……。


 クレアに関しては、明らかにこれはリアルな政治背景(某ヒラリーさん)とかを意識しすぎていて、人物造形に無理しかないし、この点は製作陣の自己満足でしかない。フォローのできない致命的なミス。

 なので彼女が大きく物語にしゃしゃってくる後半は、グダグダでしかない。シーズン1で彼女を野心家のクソババァとして描いたにも関わらず、シーズン2でそんな彼女に正義を語らせるなんて……──めちゃくちゃとしか言いようがない。これは、あまりにも酷すぎる。

 アレックスはいつも通りの唯我独尊でときたまイライラするし、ライアンはシーズン1よりも面倒臭さに磨きが掛かっているし、シェルビー・ザ・ビッチさんは相変わらずクズで魔性で股が緩いし、権力を手に入れたミランダさんがなんかクソババァ化してる(最後の最後に、いつものミランダさんが戻ってくるけれども)。

 セクシーシーンも相変わらず多い。求めてないよ、もっと尺が短くていいよ、そこは!!


 ……と、まあ貶してばかりだけれども。良かった点もある。

 個人的にシーズン1から好きだった、ニマ/レイナの双子ちゃんは今回も良かった。とはいえそれも、濡れ衣を着せられたレイナの代わりに、ニマが出頭して投獄されるまでなのだが……(最後のほうは、本当に何もかもがグダグダだったから)。

 CIAの教官親子も、なんやかんやで切なかったしのぉ。特に父ちゃん(だが最後のほうは、娘の存在なんて忘れているような感じだったのも否めない)。多分、今回はそこがメインだったんだ。そうに違いない。クレア・ハースなんて忘れるんだ!

 それに今回もThe シェルビーなシェルビーに、釘を刺すケイレヴは本当に優秀。いや、やつ自体は優秀ではないのだが。彼のセリフは間違いなく優秀である。

 あと堅物なケイレヴ兄クレイが、1週間で弟と同じ轍を踏むあたり、やっぱりハース家には闇しかないと感じる。やはりクレアは美化されるべきではない。

 それに突っ込みどころだらけの後半戦だったけれども、本当に本当のラストシーンだけは良かった。綺麗な終わり方だった。

 だからこそ。シーズン3なんて作らなくていいのだ。あそこで終われば良いんだ。無理して続けなくていいんだよ……!

 この物語の続きはもう観たくないと、そう感じる。クワンティコのシーズン1を愛しているからこそ、そう思うのである。もう続きは作らなくていい、無理をしなくていいのだよ、ABCスタジオよ。