2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」完結した!のだが。



 新曲。Cold Rigor。直訳すると、厳しい寒さとかなんかそんな感じになる。けどこのタイトルの意味としては「温度の低下により、細胞の動きが止まりはじめる(冬眠状態とか、麻酔状態?とか、なんとかというらしい)温度: Cold-Rigor point」のことを指しています。たぶんね?

 そんで歌詞だけど。架空言語っぽいけど、実は違う。日本語なのだ。



 先日、ようやっと「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」完結したんですよ。書きあがったんです。というか、匙を投げた。

 一番最後のシーン「――シスルウッド教授。レイモンドが~」からのクレヅキ版のやつは、この小説を書き始めたときに一番最初に書いた文章であるため、そこは問題じゃないんですけど。その一個手前のシーンですね。アレックスと、ジュディの会食シーン。あそこで本当に「あー、なんかもういいやー(投げ遣り」ってなっちゃって。投げ遣りな仕事になってしまった。

 初めてやで。こんな、匙を投げるみたいな終わり方。こなれてきたって、なんか怖いなぁ。

 色々と書きたいこと書けなかったし。26万字も書いておきながら、頭の中の物語は2/5ぐらいしか出し切れなかったけど。ひとまず、ブリジットの話は完結した。

 ジャーファルとファーティマの話は、オラクルで書けばいいし。その後のアレックスの立ち回りは、現在ネタを書きだし始めた「コール・オブ・クルセイド(仮題。英題は「The Heir Of Crusader」。時系列は「TRAVELER ep34」の1年後になる予定)」で書けばいい。……と、割り切ることにしている。シリーズもののいいところだね。1作で全てを出し切る必要はない、って。そこに作者が甘えを見出してしまうっていう点では、悪いところでもあるが。

 そんなこんなで、エールケディスの旅人を書いていきたい。うん。だけど今は疲れた。7月後半から作業開始でいいよね?(……と言いながら、コール・オブ・クルセイドの冒頭を書き始めた自分が居る)



 以降、日常の愚痴。

 最近さ。暑いよ、暑い。暑すぎるだろ。部屋の中が約34度になる(なお、クーラーは故障中で、点くかどうかは気まぐれ確率。それにほぼ20年前の旧型も旧型モデルなので電気代とか考えると滅多に点けられない)とかさ、やってらんねぇのなんの。

 こんな中で、外でお仕事をしてる人らってすっげぇよな。偉すぎるでしょ。炎天下の中、某家具量販店の家具をえっちらおっちら運び、組み立てまでしてる運送業の親父はマジで凄いと思う。安月給だけど。

 そして、わたすぃ。バイトすら見つからん(書類選考で6連敗、心が折れかけている)。15~17歳の頃は「18歳未満/未成年はゴニョゴニョ……」で、18になったらなったで「社会人経験ナシ、未経験とか無理」「中卒? で、3年間なにしてたの?」って空気で、もうどうすりゃいいのさって感じ。一度社会のレールから外れるともう戻れないのねぇってことを痛感している。まあ、自分の選んだ道だからしゃぁねぇか。

 サイト運営で得られる収益は雀の涙ほど。クラウドソーシングetc....では蚤の目ん玉ほど。上記2つを合わせた先月の稼ぎは、約1300円ほど。マジな数字。こりゃ、やっべぇーぞ(白目)。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人に承認されてから公開されます。モラルのある発言をお願いします。