2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



暇で暇だが仕事がない、サイト運営も雀の涙。そんな中卒・発達障害・対人恐怖の引きこもりです。

 えっと。ホンマもんの雑記です。

アニメ

▣「殺戮の天使」3~4話観たよ


 全然、包帯男のキチガイ感が無かった。残念。墓石を壊しまくるあのシーンばりの奇声は、もう出ないのか?

 それ以外の感想は特になし。相変わらず、寒い内容。ゲームならいいけど、アニメで観ると思わず真顔になってしまう。そんな感じ。キチガイの大安売りで致命的につまらない。聞きたいのは包帯男の奇声だけだよ……。

▣録画してた「バケモノの子」を観た


 細田守監督映画は、無難に観れる。こういうアニメが落ち着く……。

 主人公が大きくなった中盤から「……展開早くね? というか、説明が色々と足りてない……」みたいなのが増えたけど、深夜アニメのラノベ原作のやつよか数百倍マシだから全然OK。

 面白かったですよ。無難に。無難、なんだよなぁ。

▣進撃の巨人 3rd season


 内容は、進撃の巨人だもの。面白いに決まってんじゃん。

 けど、1期の絵柄が良かったなぁって改めて思った。今のは「荒木哲郎ゥゥゥゥッ!」って感じで、好きじゃない。光の感じとか、表情のオーバーさとかが。「浅野恭司」のエッセンスが吹き飛んじゃってる。残念でならないよぉ。

 浅野さんの絵柄が好きなのだ。絵柄に古臭さの塊 荒木要素は求めてないんだ。頼む、戻してくれ。ミカサの唇、ピンクに戻してェッ!

 つーか、リヴァイ兵長の作画がシーンによって落差が激しいうえに、シーンによっちゃめっちゃイケメン補正が入っていて「コ レ ジ ャ ナ イ」感が凄いの。腐女子ウケ狙ったの? だとしたら、違和感が半端ないんだけど……やめてよ、1期の微妙な兵長を思い出して……あれは不良タラちゃんでええんやで……。



洋画


▣「ゲーム・オブ・デス」 ウェズリー・スナイプス


 何度見ても「うーん」な内容。まずタイトルがダサい。

 ひたすら主人公が可哀想に思える。でもお金……┐('~`;)┌

 主演が渋ーいウェズリー・スナイプスだから観れる映画であって、それ以外の価値はない。うん。アクション映画なんてそんなもんや。

▣「アトラクション」 ロシア映画


 邦題がくそダサいんだよね。アトラクション、だけでええやん。ってことで、表記を省きました。副題とかいらん。邪魔なだけだし、的はずれにも程がある。

 ロシアのSF映画……に見せかけての、ヒューマンドラマ。リアリティーはさておき、CGがとにかく綺麗。モスクワの都市から漂う、どこか淋しい乾いた空気感も相まって、神秘的だけど廃退的な……まあ、とにかく観てよ!

 そして言うまでもなく、ハリウッドとは趣が全く違う。かといってイギリスとかイタリアとかフランスとかギリシャとか、ヨーロッパの映画ともまた違う。ロシアァァッ!って感じの映画でした。

 こういう宇宙人邂逅ものもアリやなぁ~、って思ったよ。人間って低俗よね。超分かる。そんな感じの映画。

 宇宙人飛来系のやつって、ハリウッド映画なら「宇宙人きた!侵略される!その前に奴らを殺せ!」ってなるじゃん。インデペンデンス・デイとか(あの映画、自分は好きじゃない)。だけどロシアは。ロシアは……ーー

「領空侵犯があったから、打ち落としたけど。領空侵犯、あれ事故やったん? なんかゴメンな……機体を直すの手伝うから、はやく宇宙に帰ってな……」

 ってなった。斬新な切り口。面白い。

 んだけど。切り口は良かったんだけど。途中途中で突っ込みどころ満載。

 まずUFO落下時の主人公が、突っ込みどころ。宇宙人の血液型問題とかも、そう。あと、彼氏の豹変っぷりもヤベェ。いくら映画に悪役が欲しかったからって、悪魔にでも憑かれたか?ってくらい伏線とかなしに豹変したから驚いたよ。彼女を宇宙人に取られただけで、あそこまで逆上すっか? そこが一番、いただけなかったとこかな。あそこは本当に、びっくりだぜ。

 でも面白かったよ。特に脇役のグーグルくんが可愛い。パパさんも、後半は良かった。宇宙人も憎めない感じ。そして、ただただ馬鹿な民衆が恐ろしい。ここも、ハリウッドと違うところ。

 民衆が立ち上がっても、世界は変わらない。それどころか、大抵は状況が更に酷くなるだけ。だって、馬鹿な市民は自分達のことしか考えてないんだもの。

 わりと、B級フィクション映画では今年一番のオススメ映画かもしれない。面白いと思うかどうかは意見分かれるだろうけど、一度は観ても良いかもよ?と思う。冒頭の主人公のアホっぷりは、ちょっと目を逸らしたくなるものの。



海外ドラマ


▣Major Crimes Season 5


 シーズン5になって、バズ推しが凄いよね。

 まあ、バズ役の俳優さんがディレクター?だか誰かの配偶者だから、それもあるのだろうか。でもバズ役のPhilip p keeneさん好きだから全然OKだし寧ろ嬉しい。彼の眉毛と穏やかーな雰囲気が好きだから。ずっと見てられる(彼のinstagramもたまに見る)。

 ラスティは、まあラスティしてる。で、ラスティをそっと諭すガスが微笑ましい。あいつら可愛いよ、本当に。プロベンザ、パトリスの二人も可愛い。レイダーのシャロンとフリンも良い。サイクス、クーパーのなーんとも言えない距離感と、ツンデレなサイクスも素敵。どいつもこいつも最高。それがMajor Crimes。

▣The Musketeers S1-S2


 美女は居るが、致命的なまでにイケメンが居ない。そんなドラマ(殴)。みんなヒゲで、とにかくヒゲが嫌。かろうじて銃士隊キャプテンはヒゲが似合ってるからマシ。ダルタニアン、アトスのヒゲはマジで無理。汚い、めっちゃ剃ってやりたい……。

 パリが舞台だけど、バリバリ英語を喋ってるとかンなことは気にしてはなりません。だって製作はBBCだもの。んでBBCのドラマだから(?)かどうかは分からないけど、台詞が聞き取りやすいなーって印象。アメリカのドラマとか映画だと、英語がべったべらな感じでよく聞き取れんもの。

 その点、The Musketeersはイングランドのイングリッシュ、って感じなのかな? アクセントが働いてて、子音がわかるから日本語耳でも単語がわかる。役者さんたち、みんな発音が綺麗。

 そして発音はさておき。最初は「どんなもんかねぇ。歴史ものって、大体ドロドロしててつまらないけどー……」と思いつつ見始めたドラマだったけど、スッカリはまってしまった。ヒゲ面だらけの男衆はさておき、女性陣が本当に綺麗。王妃、コンスタンス、ミレディ、マルグリットなどなど。これだけでも、観れる。そんなドラマ。

 そんで話も、勿論面白いよ。だって、よくよく考えてみりゃ原作はあの「三銃士」だもの。面白いよー。

 S1は枢機卿が、本当に良かった。大物なんだけど小物っぽいとこある、なんともいえない感じ。悪役だけど、好きだったわー。

 S2はこじらせロシュフォールの卑劣っぷりもそうだし、魔性すぎるミレディがますます謎。つーか、ミレディってヤバくね? ぜってー男なんかいなくても生きていけるだろ。強いもん。物理的にも、それ以外でも。

 続きが気になる。とても気になる。




▣小説


 エールケディスの旅人、25日から書くって言ったな? あれ、嘘だ。月経期間に突入でそれどころじゃねぇぜ。小説、なんも思い浮かばんのさ。

 そして、気が付けば「コール・オブ・クルセイド」が七万字を越えた。折り返し地点じゃん。えっ、えぇぇぇっ。

 ちょっと気晴らしに書き始めただけのつもりで、冒頭だけ書いたら後回しにするつもりだったんだけど。えっ。もうここまで書いてた? 書き始めて1ヶ月も経ってないのに?マジかよ……。

 なんかここまで来ちゃったら、こっちをチャチャチャっと書き上げてからエールケディスに取りかかったほうが、自分も気持ちよく進めるような気がしてならない。

 だって今、頭の中で一向にシルギザンドが動き出してくれない。だけど、白目を剥くニール・クーパーはよく動き回るし、アレクサンドラ・コールドウェルの次の台詞はスムーズに浮かび上がるのだ。明らかに、脳みそがコール・オブ・クルセイドに傾いているのだ。

 まあ、コール・オブ・クルセイドのストックは貯まってますし。暫く、アルバトロスと黄金の泉はコール・オブ・クルセイドを連載することにします。多分、8月一杯はストックでどうにか出来る。となると、1ヶ月は余裕が出来たことになるなぁ。

 来月は少し気を抜くか。ノルマを忘れて、少しのんびり楽しみながら書いてみることにするよ。



▣タロット


 高2の妹がどーにも浮かない顔をしてたので、先日久しぶりにタロットをめくってました。最近は自分の二者択一をやるぐらいだったので、人を占うのが久しぶりなのだ。

 スプレッドは自作の中でも特に役に立つ「イグリザンドの梓弓」を使用。結果、詳細は書かないけど「うおあぁぁぁ」って感じのが出てきた。

 妹に結果を伝えると「えー……めっちゃ当たってるんですけどー……タロットも、今の状況もこわーい」とのこと。

 めっちゃ当たってる、のだとしたら。相当すげぇ場所にいるなお前おいおいおい、と思った。うん。それほどのもの。

 雨降って地固まるって結果に落ち着くだろうと、タロットでは出たものの。ははは……どうなることだかなぁ。やっぱり一番恐ろしいのは、生きている人間なのかもしれない。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人に承認されてから公開されます。モラルのある発言をお願いします。