LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



本題はオカルトじゃないぜ。

 「何もヤル気がしねえええええええ!」とここ2日ほど頭を抱えてた弥涼です。


 依頼物も、やる気しないし(締切は守るよ!!)。文章も落書きも音楽も、やる気しないし(tumblrに最近載せてる絵は、少し前に書き溜めたもの。いわばストックであり、リアルタイムのものではない)。

https://isuzuakatsukiposttruth.tumblr.com/post/190635280060/%E8%90%BD%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%83%E3%83%96%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97

 ⬆これとかはストックされてた落書きであり。

 そんなこんな、とりあえず今日も「かったりーーー」と呟きながらPCを開いたのですが。WORDをなんとなく立ち上げたときに、最悪なアイディアが降ってきまして……


 こうなった。何でだ。

ことの経緯


 実は最近、執筆中の小説に使うための「暗号」を試作してましてね。

 前々作「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」でも少し登場した(はず? 記憶が定かじゃない……)、ロバーツ家に伝わる謎のノートブック「パッティの日記(とされているもの)」を本格的に描いていくに当たって、暗号のようなものが必要になったのです。それに伴い、どういう鍵を作るかーっていうのに頭を悩ませてたのです。

 暗号っていっても、本格的で難解なものを作る気は無いんですよ。適度に分からなくて、けど頑張れば見破れるレベルのものがいいなって。けど、シーザー暗号みたいな単純すぎるものってワケにもいかないよなーって……。

 そんなこんなで2ヶ月悩んだ結果、1つの丁度いい着地点が見えてきたんです。で、それを試してみようっていうのが、今回のあの「似非アセンションコード」なのですよ。

 そう。つまり「似非アセンションコード」が本題では無いんですわ(言うまでもないけど画像にある文面の9割は、15分で書き上げたデタラメです)。混じってる暗号部なんですよ。

そういうわけで



 これは第一鍵(仮)の状態。これだけでも充分「パッティの日記帳」暗号の条件「一見すると、ただの記号の羅列だけど。解読方法が分かれば、簡単に内容が分かる」をクリアしたのでは、と感じている。
 
 これを叩き台にして、文字列組み換えとかを加えていけば、いい感じになるんじゃなかろうか、という気がしてきた。

 そういうわけで、気が向いたら解読してみてください。しょーもねぇことしか、まあ書いてないんですけどね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人に承認されてから公開されます。モラルのある発言をお願いします。