LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



巨乳でミニスカートのキャラを「女性性を不当に消費してる!」と拒絶する人と、それに対し人格攻撃カウンターをキメるアニ豚たちの乖離について思うこと。

※警告
 目に毒な際どい画像を、いくつか引用しています。
 際どい表現が無理な方は、ページバックをしてください。
 閲覧をした結果、仮にあなたが不快な気分になられたとしても、当方は一切の責任を負わないものとします。



 今さらだけど、この話題が流れてきたので、率直に思ったことを書いていく。


 過敏なフェミニストさんも、カウンターのアニ豚さんたちも、毎度のように安定感あるよね。

 にしても、リプライ欄の人格攻撃は頂けねぇな……(-""-;)



 こういう人間のクズ的ツイートに、イイネを付ける神経も理解できんその数が数千に達しているのだから、実に恐ろしい。

 そういうとこが「これだからオタクは……」って後ろ指さされる原因だぞ。

 また、論旨を履き違える読解力の無い人間も同じく頂けねぇもんがある。


 そこじゃねぇだろ、っていう。まあ、過去に「巨乳は奇形」とかとんでもないことを抜かした自称フェミニストが居たからではあるが……。

 とかなんとか、今回はこの「巨乳キャラはなぜ女性に敬遠されるのか」と併せて、「なぜミニスカートのキャラクターを女性は嫌悪するのか?」についても突っ込んでいく。

 なぜミニスカートについても突っ込んでいくのかというと、以下の記事に目を通したからだ。

【鬼滅の刃】恋柱に注目するなら乳だけでなく下半身も見ろ - 本しゃぶり

人が恋柱を見る時、視線は胸元に吸い寄せられる。 だが本当に注目すべきは彼女の下半身だ。 彼女の短いスカートの下には、天才の業が隠れている。 ちょっと前に 恋柱こと 甘露寺蜜璃 が話題になってい ...

 歴史背景から読み解かれた分析について、上記ブログの方に異論は無いので、以下を読み進める前にこの記事に目を通してもらいたい。

 そしてこれからダラダラと書き進めて行く前に、自分のスタンスを明確に記しておく。


  1. 自分は「鬼滅の刃」の読者ではない
    「大正時代を舞台に、人が鬼と戦うらしいね?」ぐらいのフワッとした知識しかない。
    なので作品について、どうこう言う気はない

  2. 冒頭に貼り付けたtweetで槍玉に挙げられたキャラに関しては「基本的には、何の問題もない」というスタンスである。
    • ただし、あのキャラクターがポスター等といったカタチで公共の場に出されたときには、眉をひそめるだろう。現状の価値観に照らし合わせた時、出す場所を選ぶキャラクターデザインであることは、事実として存在しているのだから。


 んじゃ、いくぜ!

「巨乳のキャラクター」が問題なのではない、巨乳のキャラクターで「自慰してるアニ豚」が悪いのだ。


 巨乳のフィクションキャラクターが、公共の場に貼り出されるようなポスターに採用されたりすると、「女性性を消費してる!」「見ていて不愉快だ!」のような批判が、必ず女性から噴出する。

 そして女性から涌き出た批判に対して「作品を読んでないから……」とボヤいたり、「現実にいる巨乳の女性に対して、それを言えるのか!」という論点逸らし等が、アニ豚から噴出する。

 で、主にtwitter上で不毛なバトルが勃発する。このバトルで勝敗が決まることはない。

 なおアニ豚サイドがよく「論破!」と言いたがるものの、アニ豚の振りかざす論理的整合性()は9割9分がめちゃくちゃな屁理屈であり且つ「俺の好きなもんを否定しやがって!」っていう怒りの感情論でしかない(某青眼鏡さんとか、まさにそれ)ので、なので論破もクソもない。まさに不毛なのだ。

 そして不毛なバトルにみんな飽き初めて、話が風化してきたところで、新たな“議題”が降ってきて、また不毛なバトルが起こる。すると「俗世の空蝉どもは、実に愚かしいものよのぉ……」と冷笑する自分のような傍観者がポツポツと出てくる。

 ……これは最近、日本のインターネット界隈でよく見られる光景だ。哀れな光景である。かくいう傍観者の自分も、アホの極みであるが。しかし、定期的に燃料を投棄してくれる日本の法人さま方もまた、学習しないもんだなぁと……。

 そんな不毛なバトルは、何故勃発してやまないのか。それは記事題に書いた「認識の乖離」があるからだ。

 例を挙げる。以下の画像を見てみよう。

Retreat to the Country
FRUIT BOWL
Piper ღ LSR Moda

 これら画像は見て分かる通り、巨乳の女性をモチーフにした3Dアートだ。

(Flickr.によくもまぁ、こんな画像があるとは……)

 そしてこれら画像について、諸君は「エロい」と感じるか?

 巨乳、強調された胸の谷間、極端なくびれ、大きいお尻、ニーハイ、ハイヒール……──人それぞれに意見や好みはあるとしても、現代日本の一般的な価値観に照らしあわせると、その答えは「エロい」となる。もしかすると女性の中には、こういった身体の誇張的表現に嫌悪感を覚える人もいるかもしれない。

 なぜかと言えばそれは、この画像で自慰してる男を容易に想像できるからだ。

 これこそ、女性の多くが“巨乳のキャラクター”に不愉快さを感じる主な原因。誇張された女性の身体的特徴を見て「エロい」と感じ、自慰というカタチで消費してる男がいることが、原因なのだ。

 男性だって、BL漫画のヤバいシーンをうっかり見てしまったら、それを喜んで消費する腐女子に対し「キモッ」と感じるだろう。性的な眼差しで見られるっていうのは、それだけで不快なことであり、現代日本の女性はその眼差しを“体”に直接向けられるからこそ、誇張された身体的特徴を見ると不愉快に思うのである。

 ──……「そんなの暴論だ」だの「分からない」とは言わせないぞ、諸君。現代日本の価値観では、これは「エロい」ってことになってんだよ。現代日本では、そうなってんだ。

 しかし、この「エロい」という概念を定義することは非常に難しい。何故ならば、これは感情の問題だからだ。論理的に説明しろと言われてもそりゃ無理な話で、「お前の股間に聞いてみろ」としか言いようがないのである。

 ただし。日本男児の多くに上のような画像を見せれば、かなりの人数の股間は反応するはずである。証拠として、その反応があるのだ。

 まぁ、「火の無いところに煙は立たぬ」という言葉もある。実例を見てみよう。

nerd shop
busty
hentai
HENTAI Japanese!
オタクだよ!
This is it...

(Flickr.によくもまぁ、こんな画像があるとは……再)

 これら日本の現状を見て、「女性の体はエロとして消費されていない」と言えるのか?

 マウスパッドらしきものが写る画像は中国?台湾?のようだけれど、あのような諸に巨乳を消費してるグッズが作られているのだ。これは同じ身体的特徴を有する女性たちが、不快だと訴えるのは仕方ないだろう?

 このような現状がある以上、自然と「巨乳のキャラクター」からは「アダルトグッズ」が連想され、そこから「自慰する男」連想されてしまう。それが不愉快なのだ。

 読解力の無い人々のために念のため書いておくが、多くの女性たちにとって「巨乳=悪」なのではない。「巨乳を“エロい”として消費してる男=悪」なのだ。なんなら「貧乳を“エロい”として消費してる男=悪」も成り立つ。とにかく、身体的特徴を取り上げて“エロい”としていることが駄目なのだ。

 しかし、だ。twitter上を見る限り、不毛なバトルを繰り広げるアニ豚たちには「自分達が、アニメのキャラクターが持つ“女性性”を自慰のために消費している」という当事者意識が欠けているように思う。だから、いつまで経っても不毛なバトルは平行線で、まともな議論に進むことがないのだ。

 まあ、議論に進むことは無いだろう。こういうのは、そういうもんだから。シリアルキラー相手に「人殺しは駄目なのに、なんであなたはそれを実行したの?! あなたに道徳心は無いの!?」と問い質すぐらい、無駄なことである。

しかし背景に「物語」があり「時代背景」が加わってくると、話は変わる


 ここで「鬼滅の刃」という作品と、それに関する冒頭tweetに話を戻そう。

 「鬼滅の刃」というのは、大正時代を舞台にしているらしいね。それしか知らんから、それ以上のことは自分には言えないが(時代背景および物語は、冒頭で紹介したブログ記事の方を参照してください)。

【鬼滅の刃】恋柱に注目するなら乳だけでなく下半身も見ろ - 本しゃぶり

人が恋柱を見る時、視線は胸元に吸い寄せられる。 だが本当に注目すべきは彼女の下半身だ。 彼女の短いスカートの下には、天才の業が隠れている。 ちょっと前に 恋柱こと 甘露寺蜜璃 が話題になってい ...

 大正時代の価値観に照らし合わせてみれば、槍玉に挙げられた女性キャラクターは「当時の基準で言えば)女性解放的な、革新的な服装である」といえる……のかもしれない。もしかすると、そういう意図を作者が込めた可能性もある(それが正しいかどうかは分からんが、最近の社会現象を起こすレベルで人気の少年漫画の傾向を見る限り、可能性は大いにあると思う)し、そうであるならば「巨乳・露出は作品に必要な表現である」となるだろう。

 つまり「このキャラクターの容姿や服装に問題は無い」と判断するのが妥当で、「おっぱいぶりんぶりん」と揶揄するのは野暮だということだ。

 作品を読んでないから、知らんけど。そう仮定するなら、そういう結論になるよね。

 ……うーん、そうなんだよ。「鬼滅の刃」読んでないから、何も言えんのよ。このキャラクターについては、これ以上なんも言えんわ。



 ただし「巨乳キャラクターの出てくる漫画」繋がりで、別の漫画については言及できることがある。

 宇崎某、あいつは駄目だ。作者の自慰から生まれでてきたようなキャラクターじゃん。その後にどう物語を作ろうが「ロリ顔八重歯巨乳=エロい」が発端にある以上、あかん。pixivにある発端の絵は、どう見てもソレだろ。「欲望に忠実」とかいうタグが付いてる時点で「 分 か っ て ん じ ゃ ん 、 お 前 ら 」ですよ。露出なんか問題じゃないんだ。そうだろう?

「ミニスカートが女性解放運動の象徴だった」のは、過去の話である


 んじゃ、「鬼滅の刃」の話は早々に切り上げて。ミニスカートの話をば。

 ミニスカートといえば、最近は別のポスターが炎上していた。


 これには「スカートに謎の股ラインが出来ている」「ミニスカートがはしたない」という批判が沸いていたのである。

 実際、制服でよくあるスカートに、あのような影はつかない。相当にペラッペラな薄い布を素材としないかぎり、且つ正面から強い向かい風でも吹かない限り、スカートはああならないはずなのだ。

 ただ、悲しきかな。これはジャパニメーションでわりとよくある表現らしい(ラブライブはそうっぽい)。

 んで、このスカート股ラインに対する批判も、ミニスカートがはしたないっていう意見も、根本は上に長々と書いた「身体的特徴を誇張して描いた表現」なんですよ。だから多くの女性が不快と感じ、このポスターにブーイングを浴びせたのである。だって、股ラインで興奮して自慰する男が、容易に想像できるじゃん。


 このtweetのような具体的な批判が出てきたのにも、そういう背景がある。

 しかし、だ。考えてみてほしい。その昔、ミニスカートは女性解放の象徴だった。息苦しいコルセットを捨てて、歩きにくい長い丈のスカートを短くすることで、女性は「女性だって自由に動いていいじゃないか!」という権利を獲得したのだ。

 けれども、これは過去の話である。今の日本の現状を、今一度振り替えってほしい。

hentai

 ミニスカートは今、男の自慰のために消費されるものとなっている。

 世の親たちが、自分の娘たちに「ミニスカートなんて穿くんじゃない! はしたないでしょう!」と叱るのは、娘が穿くミニスカートに興奮する男が世の中には居るから。

 そういう息苦しい社会を作ったのは、誰なんでしょうね。




 こういう連中は、速やかに母なる大地に抱かれるべきでしょう。こういう連中が全て大地に抱かれてしまえば、「ミニスカートはエロ」ではなくなり、問題は解決するんですがね。世の中、そううまくいかないもんでのぉ……。

(´・д・`)

 所詮は人間とて動物、本能には抗えぬか。もうちと理性ってヤツを、人間には身に付けてもらいたいもんだがのぉ。


最後に


 夜11時に書き始めて、気が付いたら夜が明けていた(現在、午前6時前)。徹夜しちまったぜ。アホだな、自分。

 そういうわけで眠気が勝ってきたので、今回はここまでにしとく。

 ただ、最後に余談だけちょっと。

▣□▣□▣□▣

 現代のフェミニズムは「身体的特徴に向けられる性的な眼差し」に嫌気が差した結果、反動として「もう脱いじまえ! 自分の裸体を、ありのままの姿を愛せ!」みたいな方向になっているきらいがあります。

 でもね、それも違うと思うんですよ。だってさ、多くの文明人は好きでもない赤の他人の裸なんか見たくないでしょう?

 なんで服を捨てるっていう、文明に逆行したことしてんのかなぁ……って疑問に思うのである。

 個人的には、文明の進化って「罪の概念を増やしていくこと」だと思っているんですよ。「人殺しはいけない」「盗むのはいけない」「裸体を晒してはいけない」っていう風に、罪が増えていくことだって。そして罪が増えることにより、「なぜ禁忌なのか」を考える知性が宿って、決まりを守ろうとする理性が生まれるって、そう考えているんです。

 なのに、さー……いうなりゃ“原始的”とも言える罪である「人目のあるところで服を脱ぐこと」を、恥と思わないようにしろって。そりゃ……無理がある。

 寒いし、衛生面で問題あるし、やっぱ赤の他人の裸体なんか見たくないし。なに考えとんねん、なんで江戸時代以前に戻らにゃならんのだ、っていう。化粧したくない!ならまだしも、服を着ないってのは……。

 「タンクトップで外歩いたっていいじゃないか!」っていうのには賛成だけど(ただし「郷に入らば郷に従え」であり、地域によっては腕を隠すとかの配慮は必要だと思う)、「服を着ることから自由になろう!」は賛同できませんわ。

 っていう話でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人に承認されてから公開されます。モラルのある発言をお願いします。