2018年12月12日(水)にVOCALOTRACKSより、全世界に向けて配信開始!

「Brainwashed Town」 feat.神威がくぽ(シングル)


「夜前の夢」 feat.神威がくぽ(シングル)



LINEスタンプ発売中!

【コミック風】威圧感の強い黒スーツ take2」販売中。
拙作「空中要塞アルストグラン」シリーズのスタンプ第2弾です。
過激な暴言、および使いどころのないセリフが、パワーアップして帰ってきた!



無人島で死体と二人きり?! 「スイス・アーミー・マン」を観た!



 以前から気になってたんですよ。「ポール・ダノが、無人島に漂流したイカれ野郎」を、「ダニエル・ラドクリフが、スイスアーミーナイフばりに万能すぎる死体役」を演じている超クレイジー映画。それが↑のトレーラーにある「スイス・アーミー・マン」です。

 レンタルしたので観てみました。先に言っておきます。この映画は、ファンタジーです。ただただ、イカれてます。でもそれが最高に面白い。

 一言簡潔にいうなら、アホな映画ですかね? また(個人的には)泣くほどの感動ではなかったのだけど、シメもよかった映画だと思います。

 頭空っぽにして笑いながら観るのに、ちょうどいい映画です。が、アホな男が好みそうな超どストレートな下ネタのオンパレードなので、人は選ぶかもね?

万能すぎる死体


 無人島でひとりぼっちになり、絶望のはてに自殺を試みようとする主人公、ハンク(ポール・ダノ)。彼がいざ海辺の岩場で首を吊ろうとしたとき、そのタイミングで砂浜に死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着くんです。冒頭、いきなり。

 それでどーなるかーっていうと……

 腐敗ガスを尻から発車する死体に跨がり、主人公は海原を水上バイクの如く疾走。

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

 そこでタイトルカットがドドドーンッ‼と登場するんですわ。

 アホ過ぎますわ。最高です。でもその発想、嫌いじゃない!

 それ以外にも、死体の活躍は半端ない。

  • 口から飲める水がドバババーッと出てくる。
  • 溺れたときに、ジェットパック的な何かになる。
  • 喋る(えっ
  • 勃起した陰茎が方位磁針になる(えっ

 まっ、ファンタジーですからね。

ネタバレは今回、省きまして


 しかしこの映画、「時たま映像が綺麗すぎてニクいわ~!」「音楽のセンスが秀逸すぎ」「オナラで出会い、オナラでバイバイ~?!」ってことの他に特筆すべきこともないので。少し、ダニエル・ラドクリフの話をば。

 言わずもがな「ハリー・ポッター」で有名な彼だけれども。個人的に、ハリー・ポッター後の出演作が結構面白いのが揃ってるなーって印象があったり。 

 人気も、お金もあるだろうし。ガツガツさもないだろうし。きっと出たいと思った作品を選んで、彼は出てるんでしょうな~って思う。いや、だって彼が出てくる映画はたしかに面白いもの。万人受けであるかどうか、っていうのはそうでもないものの。

 個人的にダニエル・ラドクリフの映画で観て面白かったなーって感じたのが「キル・ユア・ダーリン」。内容には賛否両論あるだろうけれども、ダニエル・ラドクリフの演技の幅の広さ、徐々に出てきたアクの強い個性は称賛に値すると思う。

 最近流出した映画のカットで、2丁拳銃を両手にヤクでもキメてそうな笑顔を見せる、髭面ラドクリフもなかなかのお顔でしたし。今後は悪役のほうにも期待できそうですよねー。

 以上、感想(?)でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントは管理人に承認されてから公開されます。モラルのある発言をお願いします。